フリマ 出店

フリマで出店スペースを選ぶポイントとは?

 

さて、次は自分の「出店スペース」の決め方です。

 

 

主催者によって
「出店スペース」の決め方が違ってきます。

 

自分の「スペース」を上手にGetしましょう。

 

 

「出店スペース」を上手に決めることがポイントです。
売上にも関わってきますよ。

 

 

 

 

では、出店スペース」の決め方ですが、
おおまかに、次の4つに分類されると思います。

 

 

1、 あらかじめ決められたブースのうち 、 
    来場した順番に、自分で好きな場所を選ぶ。

 

2、 入場した順に誘導され、決められてしまう。

 

3、 当日、くじ引きで決める。

 

4、 開催日の前日までに、 開催者によって決められてしまう。

 

 

 

ここでは、1・2についての「選び方のポイント」をご紹介いたしますね。

 

3・4については、 
自分の意思では変えようがないので・・・

 

 

 

あらかじめ決められたブースのうち、 
来場した順番に自分で好きな場所を選ぶ場合

 

 

ポイントとしては、 
もし会場に出入り口が明確にあるような会場でしたら、
なるべく出入り口の近くに
場所を確保するということです。

 

 

お客さんの動線を考えてみることです。 

 

出入り口に近いことで、
一度ブースの前を通り過ぎたお客さんは、 
奥まで行って、また戻ってくることになります。

 

 

その結果、もう一度 
ブースの前を通ることになります。 

 

 

チャンスが増えるということです♪

 

 

 

逆に、一番奥側に場所をとってしまった方は、 
自分のブースの前を通るお客さんの数が、
入り口側の方より、少ないことになってしまします。

 

 

 

もし1000人の お客さんが 来場したとしたら、
単純に計算したとして・・・

 

一番奥の方は、1000人の お客さんが、
一番入り口側の方は 2000人のお客さんが、
目の前を通過することになります。

 

 

また、入り口側であなたのブースをのぞき、 
その時は買わなくても、
奥まで行って、戻ってくるときに、
ついつい買ってしまうこともあります。

 

 

 

もし、出入り口が明確ではない会場でしたら、  
ベンチや木陰など、
お客さんがくつろげるところがあれば、 
その近くもいいと思います。

 

 

夏の暑い日は、とくに狙い目です。  

 

 

 

 

あと、トイレの近くだと、 
お客さんだけではなく、同じ出店者の方も通るので、
見ていってくれることが多いですよ。

 

 

また、いくつかの連続したブース(島)からなる会場でしたら、 
端っこを陣取りましょう。

 

 

 

端っこではない場合、
1面(前面のみ)、 もしくは2面方向(前面と背面)で 
物を売ることになりますが、
端っこだと、全部で2面か3面・・・

 

1面多くなります。

 

 

1面増えると、より多くのものを、 
お客さんの近くで売ることができるので、 
大変有利です。

 

 

 

 

2、 入場した順に誘導され、決められてしまう場合

 

 

 

これは、車出店のときに多い決め方だと思いますが、
いくつかポイントがあります。

 

 

これは、事前調査が必要となってしまいますが、 
まず、開催される会場を、
一度下見してみてください。

 

 

ちょっと面倒くさいですか?

 

 

そのとき、出店者の車の入場するところと、 
お客さまの出入り口との位置関係を調べます。

 

 

地下鉄とかの出入り口がそばにある場合は、
そちらを「お客様の出入り口」とします。

 

 

 

 

もし、先頭車を、
お客様の出入り口側から配置しているようでしたら、
頑張って早起きして、
最初のほうに入場できるようにしましょう。 

 

 

そうすれば出入り口の近くになりますよね。

 

 

また、遅くに入場したほうが出入り口側になれるようでしたら、 
少しゆっくり目に入場してくださいね。

 

 

でも、あまり遅すぎると、 
朝一番のお客さんを逃してしまうので、ほどほどに・・・

 

 

 

 

さぁ、「出店スペース」を上手に決めて、楽しみましょう!